120ユーロ以上のご注文で送料無料

エクストラバージンオリーブオイルとコレステロール

オリーブオイルが主要な脂肪給源である地中海式食事は、心血管疾患の死亡率が低いことに関連しています。
心血管疾患は、心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性のある冠動脈性心疾患(CHD)を含む、心臓や血管に影響を及ぼすタイプの疾患の用語です。CHDは世界中でも多い死因です。 冠動脈内の脂肪質の蓄積によって、心臓の血液供給が遮断または中断されたときに起こります。時間が経つにつれて、あなたの動脈の壁は脂肪沈着物で覆われるようになります。
このプロセスはアテローム性動脈硬化症として知られており、脂肪沈着はアテロームと呼ばれます。

オリーブオイルが心臓病の予防と治療に役立つことを示唆する、多くの科学的研究があります。研究では、オリーブオイルがLDL(悪玉)コレステロール値を制御し、HDL(善玉)コレステロール値を上げることにより、心臓病に対する保護をしてくれることが示されています。しかし、わたしたちはコレステロールについて本当に知っているのでしょうか?

コレステロール

まず、コレステロールがすべて悪いわけではないことを理解することが重要です。実際、コレステロールは必須の脂肪です。
あなたの体のあらゆる細胞で安定性を保っています。血流や体のすべての細胞に含まれる、柔らかく脂肪のようなワックス状の物質です。ですのでコレステロールを持つことは正常です。すべての動物細胞膜の約30%を構成することを考えると、コレステロールは膜を構築および維持し、膜の流動性を調節するために必要です。細胞膜内では、コレステロールは細胞内輸送、細胞シグナル伝達、神経伝導としても機能します。また、ビタミンDやすべてのステロイドホルモンの合成の前駆体分子です。

したがって、コレステロールは体内のシステムにとって非常に重要なのです。
コレステロールは、体と食物の2つの源から得られます。肝臓や体内の他の細胞は、血中コレステロールの約75%を作ります。他の25パーセントはあなたが食べる食物から来ています。
脂肪は水と混ざり合わないため、タンパク質に閉じ込められるまでは血流中を循環できません。これらはリポタンパク質と呼ばれ、運ぶ脂肪の種類とタンパク質の比率に基づいて名前が付けられています。

LDLコレステロール

LDLは低密度リポタンパクの略です。他のどのタイプのリポタンパクよりも、多くのコレステロールを運びます。
LDLは、全身の組織にコレステロールを供給する役割を果たします。コレステロールは、前述の重要な仕事に使用されます。
血流中のLDLのレベルが高くなりすぎると、冠動脈疾患のリスクが高まります。そのため、LDLは悪玉コレステロールと呼ばれます。

しかし、LDLがフリーラジカルに遭遇すると、さらに悪化してしまいます。これは、以前のブログで説明した酸化ストレスの結果です。それが起こると、LDL(現在は酸化LDLと呼ばれています)が損傷し、炎症を引き起こし、マクロファージと呼ばれる白血球を引き付けます。マクロファージは酸化されたLDLを飲み込み、新しい脂肪で満たされた細胞を形成します。細胞は凝集し、血管壁にくっつき、プラークになります。酸化されたLDLは、アテローム性動脈硬化の発症に大きく貢献することとなるのです。(1

HDLコレステロール

高密度リポ蛋白質またはHDLは、コレステロールよりも多くのタンパク質で構成されています。 HDLの特殊なタンパク質が、LDLを拾い上げて肝臓に持ち帰り、胆汁としてリサイクルまたは除去されるため、これらは善玉コレステロールと呼ばれます。このコレステロール逆輸送システムに加えて、HDLの酵素には抗酸化効果があり、LDLの酸化を防ぐことができます。 HDLは、血管を弛緩させ、抗炎症効果を発揮することにより、心血管疾患の予防にも役立ちます。血流中を循環するHDLのレベルが高いほど、心疾患のリスクが低くなります。

研究者は、HDLも酸化プロセスによって簡単に変わることができ、フリーラジカルと結合できると考えています。 HDLのこの種のリモデリングは、抗アテローム生成作用なしで機能不全のHDLにつながります。

そして遂にエクストラバージンオリーブオイルの登場です… 

エクストラバージンオリーブオイルとコレステロール

いくつかの研究により、エクストラバージンオリーブオイルには、抗アテローム生成効果があるとして報告されています。この効果は、様々な成分、特に一価不飽和脂肪酸(MUFA)およびポリフェノール(2)、(3)によって発揮される、抗酸化および抗炎症効果に関連しています。フェノール化合物、特にヒドロキシチロソールおよびオレウロペインは、LDLおよびHDL酸化を阻害します。

以前のブログで既に説明したように、これらのフェノール化合物の存在は、エクストラバージンオリーブオイルの最も重要な特性の1つである、苦味と辛味に反映されています。

フェノール含有量の高いオリーブオイルを消費すると、HDLコレステロールのレベルが上がり(4)、脂質の酸化的損傷が減少するため、最大のメリットが得られます。

その健康的な脂肪と病気と闘う抗酸化物質が含まれたオリーブオイルは、お客様のお食事への健康的な追加目安がございます。公式の投与指示はありませんが、毎朝大さじ1杯のエくストラバージンオリーブオイルが違いを生みます。

非常に多くの要因が心臓病に寄与しているため、コレステロールだけがすべてではありません。コレステロール値が正常な人も、心臓病にかかる可能性があります。ただし、高コレステロールまたは低HDLレベルの場合には、HDLコレステロールを増加させる次のような手順を実行してください。

- 健康的な食事を選ぶ

- アルコール消費量を減らす

- 喫煙をやめる

- 正しい体重を保つ

- 運動をする

ライフスタイルの変化は、多くの人にとって大きな違いを生むことができます。

そして覚えておいてください - 苦味と辛さはあなたが本当に求めているものなのです!!



1 comment

  • cialis price

    Ponemnmup

Leave a comment